ハチノヘPeopleインタビュー 小野 裕樹さん

来年に延期されたパラリンピックの車いすバスケットボールのレフリーに、八戸在住の小野さんが全世界26人のうちの1人に選ばれました!
競技との出会いやレフリーを目指したきっかけ、1年後への思いを伺いました。

東京パラリンピック 車いすバスケットボール レフリー

小野 裕樹さん 青森県立八戸第二養護学校教諭

 

車いすバスケットや審判になるきっかけは?

養護学校で仕事を始めたころ、ある時、こどもたちが出てゆく社会のことを自分は詳しく知らないなと思いました。
いろんな世界を知らなければこどもたちに正しいことを伝えることができない、じゃあ自分の得意なスポーツを通して伝えようと思って、青森市にある車いすバスケットのチームに入ることにしました。
例えば試合に電車やフェリーを使って移動するときにどんなバリアがあるかとか、車いすユーザーの世界を知ることができました。
何より、自分でやってみておもしろかったのが大きいです。やればやるほど上手くなれる感覚や喜びですね。
その後、自分たちで大会を開こうとしたときに、青森県内に審判の資格を持つ人がいないことを知りました。
他県から呼ぶしかなかったのですが、福島県から来てくれたレフリーが実はパラリンピックに4大会連続で参加された菅野英輔さんだったんです。
ルールを熟知していて、プレーヤーズファーストで、立ち振る舞いや所作が凛としていてレフリーの世界に魅力を感じ、その場でレフリーやってみたいですと直訴しました。

審判の魅力は?

普段から車イスに乗っている人たちと関わっていたので、選手それぞれの障がいの違いやプレーの特徴、心理状態を見ながらレフリングに反映させるのがおもしろいですし、自分の強さを活かせるところだと思います。
「フィール・ザ・ゲーム」と言って、ゲームの雰囲気に合った笛を提供していくことが選手もベンチも観客も試合を楽しめる要素だと思います。
レフリー同士でも担当が決まったら前の日から行動を共にしてコミュニケーションを取ってゲームに入っていくようにしています。
レフリーもチームなので、そのための英語力もつけていかないといけないですね。

来年に向けて

これだけの準備期間を頂けたので、審判として成長することはもちろん、車いすバスケットをたくさんの人に知ってもらう活動をしたいですね。
八戸では類家の福祉体育館で日曜日の18時からシッティングバレーの皆さんと一緒に活動しています。
誰でも乗れる車いすも用意していますので気軽に体験に来てほしいです。また、練習場所の確保も非常に難しい状況ですので、是非練習できる場所があれば協力いただけるとありがたいです。
今のこの状況を乗り越えられれば今後どんなことにも対応できると前向きにとらえてチャレンジしていきたいです。実は、自分が決勝の試合を裁くよりも表彰台で日の丸が一番高いところに上ってくれることが望みです。
その後のメディアの扱いも変わってくるでしょうし、やってみたいという選手を発掘・育成していくためにも、日本チームが結果を出すことが後々レフリー人口を増やすことにもつながると思います。

おすすめの記事