PICKUP PROGRAM  「三浦隆一のえんふりタイム」

BeFMで番組を制作してくださっている様々な方に番組への想い、エピソードなどを伺います。
今回は「三浦隆一のえんふりタイム」をPUCK UP!!


pickup『三浦隆一のえんふりタイム』

金曜日 21:00~21:15 [再]日曜日 21:30~21:45
三浦隆一さん シンガーソングライター/空想委員会

八戸出身でバンド「空想委員会」ボーカル・三浦隆一さんがワクワクできる情報と歌を届ける15分。
今年はソロアルバムの発表や、2年間の活動休止を経てバンドも活動を再開!今年後半の活動も要注目な三浦さんにご自身の番組について語って頂きました。
ラジオ番組をやってみたいと思ったきっかけは

東京のラジオ局で月に一回生放送の番組を持たせてもらっていましたが、空想委員会が活動を休止するタイミングでソロの活動を発信する場をもう一つ持ちたいと思ったのがきっかけです。地元八戸での活動も頑張りたいと思ったので、八戸での番組をスタートさせたいと思いました。

ここまで番組をやってみての感想や発見、反響など

毎週15分間の放送とはいえ、続けていくのは大変だということを実感しています。話すネタを見つけるために日々の生活の中から探す癖がつきました。毎週自分の言葉で近況を報告できるので、ファンの方は喜んでくれています。この番組がきっかけで新たに私のことを知ってくださった方もいて本当にありがたいです。

三浦さんにとってこの番組はどのような存在?

自分の活動のペースを作る、大切な存在です。毎週話すネタを作るためには、ずっと同じ活動を続けていてはダメで、常に新しい刺激を探しチャレンジをする必要があります。
自分が自分に飽きないように、そしてリスナーの皆さんに飽きられないようにすることが私にとってとても大事なことであり、この番組がそのきっかけをくれますね。

今後の番組でやってみたいことや目指したいものは

リスナーの皆さんと交流ができるようなイベントを開催したいです。自分が音楽活動をやっているので音楽イベントをやりたいですね。それと、まだこの番組にゲストを呼んだことがないので、ゲストも呼びたいです。現在は収録で制作している番組ですが、月に一回は生放送にして、青森に来てくれたアーティストさんが番組に出たいと立ち寄ってもらえるような存在になりたいです。番組には後援会もあるので、参加する魅力をもっと伝えて参加者を増やしていきたいという野望もあります。

八戸の皆さんにメッセージを

地元八戸で番組を持つことが私の夢でした。それが叶っている現在、次々と新しい夢ができています。番組を通じてリスナーの皆さんともっと繋がりたいですし、楽しんでいただけるものを提供できるように頑張ります。東京と八戸の両方で活動を頑張って、架け橋になれるような番組にしていきたいと思っています。

 

おすすめの記事