ありがとう、  氷上の貴公子

季間に一度のリレーコラム!
トークとはまた違った読み物を綴るパーソナリティーの一面をお楽しみください。

今回は、小泉 亮 。

”ありがとう、氷上の貴公子”

初めて会ったのは2010年の夏の日。言葉は少なく、そして控え目でありながらも、その思いの強さはあなたの眼の輝きからすぐに感じることができました。
縦横無尽、八面六臂の活躍でMVPに輝きながらも、突然の震災で幻と消えた10年前のファイナル。
すし詰めの観衆の前で、自ら決勝ゴールを叩き込み、優勝の喜びを爆発させたあの日。
そして、悔しさやもどかしさに、唇を噛んでグッとこらえ、決して光を失うことはなかったあなたのまっすぐな眼は、これからも僕に勇気を与えてくれるでしょう。
チームメイトやファンからも、そして対戦相手からも愛されたあなたとともに戦えた日々は、まるで僕の青春でした。
田中豪選手、本当にお疲れ様。そしてありがとうございました。
豪さんとご家族の皆様の新しい生活が幸せに満ちたものであることを願っています。

小泉 亮

おすすめの記事