『花』

季間に一度のリレーコラム!
トークとはまた違った読み物を綴るパーソナリティーの一面をお楽しみください。

今回は、大地 球 。

”花”

花が好きである。
いつから好きになったのかはわからない。
以前は全く興味がなかったが、山菜やキノコを求めて山歩きをしているうちに好きになった。
とは言っても、一面に咲いている花や切り花は興味の他である。小さくても、一本だけでも自然の中に咲いているのがいい。
街中でもいい、名前などわからなくてもかまわない、ふと目に入る、そんな花が好きなのだ。
人知れず、ひっそりと咲く。いつ咲いて、いつ散ってしまうのか。誰の為でもなく、今咲かなければならないから咲いている。
一瞬だけ輝いて、そして静かに命を終え、子孫を残し消えていく。
我が人生に重ね、しばし見入って、こうありたいと思のだ。
もうすぐそんな花にまた出会うときである。

大地 球

おすすめの記事