番組審議会

BeFM番組審議会

 

BeFMから第117回番組審議会のご報告をいたします。

去る7月28日(水)、BeFMの会議室において開催された審議会には、
委員の、小倉充子さん、妻神敬悦さんの2名と、
BeFMから代表取締役社長・河村忠夫、放送局長・塚原隆市が出席しました。
また、委員の大山慎司さん、田中勉さん、西久保真美さんからは
レポートで意見が提出されました。

今回の審議会では、「吉岡リサの音楽to健康」「まりなのラジオでおよよよよ~」
JKまるわかりバラエティJKchan」「モット!びびっと!八戸タイム」の
4つの番組について審議がなされ、次のような意見が出されました。

「吉岡リサの音楽to健康」は、
・吉岡リサさんのテンションが高く元気をもらえる番組だと思う。
・ゲストの人柄が伝わるトークで楽しく聴くことが出来た。
・歌セラピーは、リスナーにもう少し分かりやすく伝わるように工夫した方が
 良いと感じた。

「まりなのラジオでおよよよよ~」は、
・地元のアイドルをパーソナリティに活用するのは良いことだと思う。
・南部からも国民的なアイドルが出てくれるよう頑張って欲しい。
30分番組でフルコーラス2曲は長すぎるように感じた。

JKまるわかりバラエティJKchan」は
・高校生たちが番組に慣れてきたこともあって町長との掛け合いが楽しく聴けた。
・質問内容がとてもバラエティに富んでいて良かった。
・聴き取り辛いところがあったので収録方法を工夫した方が良いのではないか。
・若い人の目線で作られている番組は貴重だと思った。

「モット!びびっと!八戸タイム」は
・パーソナリティ同士の息が合っていて、楽しいコーナーだと思った。
・他局との連携は他地区の状況も聴けるので今後も続けてほしい番組だと思った。

などの意見が出されました。

以上、BeFMから第117回番組審議会の報告でした。