番組審議会

BeFM番組審議会

 

BeFMから第118回番組審議会のご報告をいたします。

去る10月18日(月)、BeFMの会議室において開催された審議会には、
委員長の橋本よし子さん、委員の、大山慎司さん、小倉充子 さん、
妻神敬悦さん、西久保真美さんの5名と、
BeFMから代表取締役社長・河村忠夫、放送局長・塚原隆市が出席しました。
また、委員の田中勉(タナカ・ツトム)さんからはレポートで意見が提出されました。

今回の審議会では、「びびすた木曜日」「OhMy学校放送局」
「古屋敷裕大のうたうラジオ」の3つの番組について審議がなされ、
次のような意見が出されました。

「びびすた木曜日」は、
・会話のリズムやトークの内容、曲の選び方、タイミングなど慣れている感じで良かった。
・2人のゲストの声量に差がありマイクや音量調整に工夫が必要だと感じた。
・原稿読みで語尾を延ばしている個所が気になった。

「OhMy学校放送局」は、
・伝統や文化、歴史を調べて伝えることでリスナーの幅も広げられ
 とても良い企画だと思った。
・自分の母校の校歌を聴きたいので次の日だけでなく先の放送日も告知して欲しい。
・録音状態によっては歌詞が聴き取り辛いものもあるのでホームページやSNSに
 歌詞を掲載してはどうか。

「古屋敷裕大のうたうラジオ」は、
・オープニングからエンディングまで構成がしっかりしていて安心して聴くことができた。
・曲のチョイスが面白く楽しく聴くことができた。
・古屋敷さんが歌う場面がもっとあっても良いのではないか。
・アシスタントが誰なのか分かりづらいので冒頭で紹介をした方が良いのではないか。

などの意見が出されました。

以上、BeFMから第118回番組審議会の報告でした。