番組審議会

BeFM番組審議会

 

BeFMから第113回番組審議会のご報告をいたします。

去る7月22日(水)、BeFMの会議室において開催された審議会には、
委員長の橋本よし子さん、委員の大山慎司さん、小倉充子さん、
妻神敬悦さん、西久保真美さんの5名と、
BeFMから代表取締役社長・河村忠夫、放送局長・塚原隆市が出席しました。
また、委員の田中勉さんからはレポートにて意見が提出されました。

今回の審議会では、「ベットタイムストーリー~ロナとおとぎの森~」
「三浦隆一のえんふりタイム」「子育てラジオ~せっせっせーのよいよいよい~」の
3つの番組について審議がなされ、次のような意見が出されました。

「ベットタイムストーリー~ロナとおとぎの森~」は、
・おとぎ話の読み方に抑揚があって良かった
・BGMの使い方が効果的でストーリーに合っていて良かった
・大人が聴いても子供が聴いても面白い番組だと思う
・これからどうなっていくのか楽しみな番組だと感じた

「三浦隆一のえんふりタイム」は、
・番組にかける意気込みや意欲が伝わってきて今後も頑張って欲しい番組だと感じた
・タイトルの意味が説明がないとわかりづらいと感じた
・始まったばかりの番組なので若干しゃべり方が固いように思えた
・15分番組で2曲をフルコーラスで流すのは長いように感じた

「子育てラジオ~せっせっせーのよいよいよい~」は、
・テレビやネットで見るよりも創造性が豊かになるのでこういった企画は良いと思う
・小学生以下の子供には落語は難しいのではないかと感じた
・子育てのテーマがどこまでの年齢を対象としたものなのか明確にした方が良いのではないか

などの意見が出されました。

以上、BeFMから第113回番組審議会の報告でした。