教えて!市民制作さん

おしえて!市民制作さん 「えんぶりデイ・イングリッシュ」

0 100

「まちづくりのためのラジオ局」であるBeFMでは市民の皆さんがパーソナリティを務めたり、番組制作をしてくださっている番組がたくさんあります。
今回は「えんぶりデイ・イングリッシュ」にスポットを当てます!


pickup『えんぶりデイ・イングリッシュ』
  月曜日~金曜日 7:20~7:25 / 16:20~16:25

       [パーソナリティ 正部家光彦さん、デービッド・アップルバウムさん]  
 

 
改めてこの番組の主旨は?
正部家 八戸市民に英語に親しんでほしい。英語の言葉としての魅力、文化背景を身近に感じてもらいたいという思いで始めた。英語に限らず、南部弁やなぞなぞを交えて、言葉の面白さを伝えたいと思っている。

デービッドさんがメンバーに選ばれた理由は。
デービッド 前任のアカネさんの勧めだった。私はもともと高校時代に放送部に入っていて、毎朝放送していた。大学の時は校内ラジオを作った事もあった。国際社会の問題などについて紹介する番組だった。

 
 えんぶりデイ1 
  
  
  
  
  
  
  
  
 
えんぶりデイ2

 

この番組をどう思う?
デービッド 南部弁の響きは標準語と大きく違うので、とても興味深かった。そして南部弁の単語の多さにも驚かされた。私にとって南部弁は地域の風土に根差した響きだと感じることがある。この土地だからこそ生まれた言葉なのだと感じた。

デビッドさんの印象は?
正部家 実際に会ってみて、温泉が好きなことや、自転車やバイクが好きなことなど、アウトドア派なところが面白いと思った。

デビッドさんは8月をもってこの番組を卒業することになりました。リスナーの皆さんに伝えたい事は?
ぜひ館鼻岸壁朝市に行ってください。できるだけ毎週ね。そして青森には酸ケ湯温泉や不老不死温泉、恐山など特別な場所がいっぱいあるから、楽しんでください。(番組と関係のない答えで、一同笑う)

 
正部家さんからデビッドさんにメッセージは?
デビッドさんは話題が豊富でとても勉強になった。日本人にとっては当たり前なことが、デビッドさんには当たり前ではなかったりして、とても新鮮な時間だった。

 

 

 

 

 

 

 

Similar articles

NEWS LETTER