BeFM番組審議会

 

BeFMから第99回番組審議会のご報告をいたします。

去る9月19日(火)、BeFMの会議室において開催された審議会には、
委員の小倉充子さん、田島理成さんの2名と、
BeFMから代表取締役社長・河村忠夫、放送局長・塚原隆市が出席しました。
また、委員の昆実さん、田中勉さんからはレポートにて意見が提出されました。

今回の審議会では、「八戸花火大会スペシャル」、「戦争の記憶 ~戦火の中の私たちへ」の
2つの番組について審議がなされ、次のような意見が出されました。

「八戸花火大会スペシャル」は、
・全体的によく企画されている番組だと思った。
・会場の雑音やBGMなど複数の音が重なる中でも、放送がきれいに聴こえた。
・花火の音や来場者の歓声なども聴こえ、臨場感があって良かった。
・花火の解説は分かりやすかったものの、専門的な用語が出てきてわからないところがあった。

「戦争の記憶 ~戦火の中の私たちへ」は、
・体験談を直接語れる人が少なくなっているので今後も続けていって欲しい番組だと思った。
・冒頭の番組紹介が少し堅い言い回しのように感じた。
・ナレーションの中で漢字の読み間違いがあったように聴こえた。
・教育委員会を通じて各学校に配布したり周知をしたり、活用して欲しい番組だと思う。

などの意見が出されました。

以上、BeFMから第99回番組審議会の報告でした。

NEWS LETTER